住宅ローン金利動向

住宅を取得する場合にほとんど方が住宅ローンを組む方法で取得されます。住宅ローンは長期期間で借入することから金利は極めて重要になると思います。金利が1%変わるだけで同じ借入額でも総支払額が大きく変わります。そこで現在住宅ローンを組んで購入するのは良い時期なのかを見てみましょう!

2020年11月の住宅ローン金利は、変動金利は史上最低水準を維持。10年固定金利と長期固定金利は、引き上げている銀行がやや多いという結果になりました。フラット35についても、金利を0.01%引き上げています。

過去約4年間の主要銀行の住宅ローン金利推移を見ると、変動金利、5年固定金利、35年固定金利は今なお、過去最低の水準を保っています。35年固定金利(フラット35金利)は先月より0.01ポイント引き上げ、1.310%となりました。総じて、歴史的な低金利状態が続いていることが分かります。2020年11月2日11時現在の、日本の市場金利(10年国債)は0.040%と、4カ月ほど0%付近を推移しており、特段大きな動きはありません。

金利が低い時にローンを組むことは購入者側にはとても有利になりますが低いということは上がる可能性も大きくなるので時期やタイミングなどは今後の社会情勢をよく注目する必要があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です